読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Megami Network News

女神ネットワーク・ニュース Mika Takaki's Blog.

ヒーリング・メディテーション ワークショップ ご報告 〜極楽の会〜

本日の『ヒーリング・メディテーション ワークショップ』では、

メディテーション(瞑想)意識と対極にある、

悩みや不安を感じている状態を意識することから始まりました。

 

将来の不安、お金の心配、仕事、人間関係、過去の失敗についてなど、

人それぞれに持っている不安や悩み、苦しみを具体的に思い浮かべ、

 

その状態を保ったままで、

ヒーリング・アーツ流で手をやわらかく振りほどくと、

悩みにとらわれている状態から解放されます。

 

なぜそんな簡単なことで? と思えますが、

 

手や体の固さ、こわばりは、

心の閉塞感やネガティヴな心理状態と必ず対応しているのです。

 

ヒーリング・アーツを創始した高木一行自身も、

現在、リアルタイムで刑務所においてヒーリング・アーツを実践し、

極限状態に置かれながらも正気と平静を保つことができることを

実証しつつあります。

 

 ヒーリング・メディテーション。トータルなレット・オフにより煩悩を超越し、普遍的な大いなる慈悲の心を拓(ひら)く道。それが、拘置所&刑務所修業5ヶ月で、豁然(かつぜん)として開示された。

 これを応用すれば、クリシュナムルティの謎めいた声明、「あなたが世界であり、世界があなただ」も、リアルに、自然に、実感・実現できる。要(ポイント)は、観察される対象(世界)と観察者(私)とを、並列的にではなく鏡像的に対照させる。ヒーリング・アーツにおけるヒーリング・バランス、いわゆる鑑(かがみ)のわざだ。

 

sasaerukai.org

 

 

ヒーリング・アーツで重要視されているヒーリング・メソッドに、

動的瞑想というものがあります。

瞑想(メディテーション)というと、

ただ静かに座っている、というイメージがありますが、

自由な動きの中において、

体のあちこちを触覚的に感じ取る訓練を積んでゆくと、

体の中に意識が入った状態で、動くことができるようになります。

「意識が入る」=「瞑想的意識状態」へと、

自然に移行できるところに、

ヒーリング・アーツならではの特徴があります。

 

体に意識が入る、というのは、

その状態を味わったことがないと

とても抽象的な感じがしますが、

 

すごく楽しいとか、

気分がいいとか、

爽快とか、

全身が活力に満たされて喜んでいる状態をさしています。

 

何の理由もなく、

ただ楽しい、ただ気持ちいい、ただ爽快である、といった状態こそが、

ヒーリング・アーツが目指す境地であり、

心身一如のトータルなヒーリング感覚であるといえるでしょう。

 

今回のワークショップでも、

動きの中に「オフ(何もしないこと)」の感覚をクロスオーバーすることを

徹底的に実践してゆきました。

 

ストレッチすることや、

声を出すことなど、

すべての行為、動作に

「オフ」を掛け合わせることで、

一挙手一投足が瞑想となる・・・

 

そんな境地を、ヒーリング・メディテーションで養ってゆけるのです。

f:id:mikatakaki:20161120204501j:plain

☆写真の木魚と蛇革の太鼓(カンボジア製)は、左右の耳からそれぞれの楽器の音を個別に聴き分ける訓練のために使いました。左右の意識を分けることにより、心身の感覚がより多層的になり、左右差のアンバランスを調整できます。

 

・・・・・

 

ワークショップ終了後は、

じゃがいもとタラの北欧風スープと、

広島銘菓・長崎堂のバターケーキとフランス紅茶をいただきました。