Megami Network News

女神ネットワーク・ニュース Mika Takaki's Blog. ヒーリング・アーツや、高木一行関連の情報発信ブログです。

天行院スペシャル企画! 肥田式強健術×密珠 ワークショップ in 広島

2016年8月7日(日)、

広島の天行院(てんこういん)にて、

肥田式強健術×密珠 ワークショップ>が開催されます!

 

龍宮道(りゅうぐうどう)における「密珠(みつじゅ)」が、

あらゆる身体運動に応用できるものとして、

もっとも難しい運動法と評価されている

肥田式強健術(ひだしききょうけんじゅつ)をテーマとして、紹介されます。

 

・・・

 

このワークショップ開催が決定してから、

私自身も強健術の練習をあらためて開始しました。

密珠をはじめとする、龍宮道の基礎がクロスオーバーされることで、

強健術がもの凄く爽快な運動であることを実感しております。

 

お申し込みは「こくちーず」イベントページからどうぞ!

kokucheese.com

 

天行院スペシャル企画! 肥田式強健術×密珠 ワークショップ in 広島

 いまや幻となった肥田式強健術に、新しい光があてられます! 
 本当に効く! 姿勢が変わる! 身体感覚が変わる!  
 動的禅ともいわれる肥田式の真骨頂が、龍宮道の密珠[みつじゅ]の観点より、 
 解き明かされます。 

 ・・・・・・・・・・ 

 身体各部には、正しく認識することで心身や運動の状態が一変する、意識と身体のクロスオーバー・ポイントが存在しています。 
 骨格を基盤とした実体のあるこの特別な存在を、龍宮道では龍が持つ宝珠になぞらえて「密珠[みつじゅ]」と呼んでいます。 
 今回は全身に配置する密珠の中でも特に脚部のものを中心に学びを進めていきます。 
 密珠は龍宮道における修法だけでなく、あらゆる姿勢、運動、動作に活用することができます。 
 その応用の一例として、戦前に誕生して大流行したものの、創始者自身の身体・理会のみが隔絶し、伝承に断絶が起き、現在は一部の好事家・研究者が修練するのみの存在となってしまった肥田式強健術の姿勢・運動を採り上げます。 

第一部 10:00~12:30 
 第二部で密珠の学びとクロスオーバーする前提として、肥田式強健術・簡易強健術の動作、手順を一通り伝えていきます。 
 龍宮道創始後に高木先生が開催された肥田式に関する学びに参加したことのある方は、第二部からの参加でも構いません。 
   
第二部 13:00~15:30 
 第一部で伝えた内容を基に龍宮道における密珠の学びを取り扱っていきます。 
 身体に負荷をかけること、それに伴うキツい・苦しいといった感覚、これらがセットとなって苦行としての運動・鍛錬という思い込みが発生しますが、強力な緊張による充実の感覚やその解放による爽快感、樂行としての身体運動を実感するための龍宮――水の学びを進めていきます。 
  
・準備するもの 
 タオル、水分補給用の飲み物、身体を締め付けない服装、ソフトボール 
※お持ちであれば袴を持ってきていただければ、腰腹の姿勢を規定し、鍛錬の重要なツールとしての袴の着用についてお伝えします。 

参加費 
・一般参加者 第一部・第二部 各3000円  
       両方受講の場合は割引 計5000円 
・高木一行を支える会参加者 
       第一部・第二部 各2000円 
       両方受講の場合 計4000円 

☆現在、龍宮道宗師・高木一行先生のえん罪と日本の国家・社会構造の歪みへのヒーリングを訴え活動しています。<高木一行を支える会>の活動に共感・ご賛同いただいたうえで会員登録された方は、会員割引での参加費が適用されます。 

takaki-saiban.jimdo.com  

 

ワークショップ指導:道上健太郎[みちがみけんたろう] 
プロフィール: 
 1975年生。山口県出身。 
 高校時代、ムーブックスより出版されていた高木一行先生の著作『鉄人を創る肥田式強健術』に出会い、肥田春充肥田式強健術に興味を抱く。 
 読書を好み、体育・運動に苦手意識を持ち、生まれ持った才能や素質・身体能力が全てなのだと思い込んで過ごしてきた中で、著作内に書かれている強烈なまでの健康の描写に強く興味を持つ。 
 書籍上の情報のみから強健術に取り組むも当然ながら全く健康感を得られず、独学に見切りをつけ、著者である高木先生がセミナー、講習会を開いていることを知り、徐々に参加していくようになる。 
 当初は表面的な感覚、技法や知識の獲得に一喜一憂していたが、しだいに心身に根本的な変容が起きつつあることを実感すると同時に、万人にもその可能性があることについても目を開かされていく。 
 以後は高木先生の提唱されるヴィジョンのもと、その活動に参加していく。 
 現在は〈高木一行を支える会〉に参加、高木一行先生が「水」そのものから学び、創始された『龍宮道』について研究・研鑽を行なっている。