Megami Network News

女神ネットワーク・ニュース Mika Takaki's Blog. ヒーリング・アーツや、高木一行関連の情報発信ブログです。

夫との面会 その2 〜高木一行 近況報告〜

面会の時、夫に聴いた話では、

最近、介護福祉コーディネーター3級・試験結果の通知がきたそうです。

 

「合格したの?」と訊いたら、

「合格するのは当たり前・・・何点で合格したかが問題だ」、と。

 

「・・・・100点だったの?」

「そう! 私にとっては、100点で合格することが大事なんだ」

 

つまり、99点以下で合格するのは、

夫にとっては不本意なことなのですね!

 

何という、完璧主義!

 

普通は、合格しただけでも喜ぶのに、

夫は100点で合格しなければ喜べない、という

志の高さがあるのです。

f:id:mikatakaki:20170125204633j:plain

 

↑山口刑務所から近い、山口県立美術館併設の喫茶店では、本格的な紅茶が飲める!

ニナス(フランスのブランド)の「マリー・アントワネット」という紅茶をミルクティーでいただいた。ああ、満足・・・。

 

 

夫との面会 その1 〜高木一行 近況報告〜

夫・高木一行との面会は、約3ヶ月ぶりです。

 

面会室に表われた夫は、心持ちやせていました。

 

窯業(陶芸)の職業訓練は、

通常10年くらいかかる修業を、

たったの1ヶ月で無理矢理、やらされるそうです。

 

小鉢、お椀など、まだできないのに作らされるとか・・・。

 

「班長」は一番、上手い人が担当するのですが、

その人は以前在籍した刑務所でも、

窯業をされていたそうです。

 

班長以下、先輩達が、

よってたかって、できない夫にやり方を教えてくれるそうです。

 

しかし、一人一人言うことが異なり、

その通りにやってもできないという難しさ。

 

そして、窯業の訓練生たちは、

なぜか皆、3分で食事を済ませるという奇妙な習慣があります。

 

看守の人に、

「もっとゆっくり食べていい」と言われているのに、

皆、喉に流し込むように食事をし、

3分経つと、残っていても

「ごちそうさまでした」・・・・

 

一体、この奇妙さは何なのか、

夫自身にもわからないそうですが、

「郷に入れば郷に従え」で、

周囲の人々に合わせて、

3分で食事を済ませるため、

食べ物の味がわからなくなったそうです。

 

こうした、あり得ない、劣悪な環境の中での出来事を、

夫は修業として楽しんでいるようです。

 

それにしても、

身体的、心理的な、すべての欲求を、

一瞬にして消滅させることのできる

「レット・オフ」のわざがなければ、

たぶん、おかしくなっていただろうと、

夫が言っていました。

 

いかなる状況にあっても

ヒーリング・アーツが役立つことを、

夫自身が日々の刑務所暮らしの中で、

証明しているのです。

 

f:id:mikatakaki:20170124184816j:plain

↑山口刑務所から車で10分ほどの山口県立美術館で、「世界遺産 ポンペイの壁画展」をやっていた。

ここ最近、家に閉じこもっていたので、何もかもがものすごく新鮮だった。

夫からの手紙 その4

夫からの手紙の一部を抜粋します。

 

 ・・・・・・・・・・

 

 これまで人生の中核に据えてきたすべてをなげうち、未来へのあらゆる希望からも離れ、虚空へと「我」を融かし去りながら空(くう)の空なる空を徹底的につきつめていった果てで、レット・オフを発動することを、ここ1〜2ヶ月間ずっと繰り返してきた。

 何度試しても結果は同じ。私たちが探求してきた生命の道は、今もなお、否、今やより一層輝いている。燦然と。

 私が何者であり、いかなる経緯でここにいるのかをまったく知らないにも関わらず、さまざまな人々から<道>を尋ねられ、<いやし>を求められるたびごとに、世界(社会)の中にあって私自身が果たすべき役割について深く考えさせられる。いくら否定し、拒絶してみても、やはり・・・・私にしかできず、私がなすべきことが、確かに「ある」のだと・・・・認めざるを得ない。

 

 ・・・・・・・・・・

 

来週の月・火曜日に、

3ヶ月ぶりに夫との面会に行って参ります。

f:id:mikatakaki:20170119231314j:plain

↑龍宮館の猫たちの素敵なひととき。

高木一行のこのごろ

最近の手紙によると、

刑務所に服役中の夫・高木一行は、

窯業(ようぎょう:陶芸)の職業訓練

毎日、何時間も、粘土を練ったり、

ろくろを回したりしているそうです。

 

手を通じて土と対話する作業は想像以上に面白く、

奥深く、楽しいので、重労働もまったく苦にならないとか・・・。

 

大きな粘土のかたまりを

「菊練り」という方法でこねてゆくと、

対数螺線が重なり合って、

アンモナイトオウムガイそっくりになるそうです。

 

土をこねるにも、螺旋状の力が働いているのですね!

 

焼き物とは、

「地(土)」、「水」、「火」、「風(空気)」の四大要素が織りなす

根源的な藝術様式である、と。

 

f:id:mikatakaki:20170119192301j:plain

iPhoneで撮影したハッピー・エンド。

 

太霊道 〜3月の極楽の会〜

2017年、極楽の会のテーマは、

ズバリ、「ヒーリング」にしようと決めました。

 

なんだ、いつもと変わらないじゃないか、と

言われてしまいそうですが、

 

私たちの活動の根本は、

さらにヒーリング力を深めることに尽きるのではないか、

と考えた次第です。

 

3月12日(日)の極楽の会は、

太霊道の基礎、

霊子顕動法(れいしけんどうほう)と、

霊子潜動法(れいしせんどうほう)を実践しつつ、

参加者同士でヒーリングを実践して、

 

「使える」ヒーリング力を身につけることを目標とします!


実践! 太霊道霊子潜動法 〜極楽の会(ヒーリング・アーツ指導会)稽古風景〜

 

日時、内容の詳細は、後日お知らせいたします。

 

太霊道開祖・田中守平に関する

高木一行のヒーリング・ディスコース

ヒーリング・アーティスト列伝 第2章

『超越へのジャンプ 〜田中守平太霊道)〜』

超越へのジャンプ ~田中守平(太霊道)~ | ヒーリング・アーティスト列伝 第2章 ::: Healing Network :::

 

夫・高木一行からの手紙(その3)

服役中の夫は、12月10日、窯業(ようぎょう)の職業訓練に合格したそうです。

多数の希望者がいる中から、たった2名だけ合格した中に、

夫も入っていたのです。

 

来年1月には、ついに面会もできるそうです。

10月初めに面会して以来ですから、

約3ヶ月、夫に会っていないことになります。

 

窯業はおもに陶芸のスキルをみがく訓練になるようです。

これまで雑居房だったのが独居房となり、

人間関係の気遣いもいらなくなったり、

ラジオやテレビの音に悩まされることもなくなったとのこと。

独居房なりの不便さはあるものの、

静寂を好む夫には合っていると思います。

 

以前から夫は、「ヒーリング陶芸」の可能性について

楽しそうに話していました。

ヒーリング・タッチを活かして陶器をつくったら、

きっと素晴らしい作品ができるにちがいない!

と、以前から私は夫に陶芸を始めることを強く勧めていたのですが、

なかなか実現にはいたりませんでした。

 

刑務所の職業訓練という形でそれが実現するとは、

皮肉ではあるものの、

萩焼の地である山口でそれを学べるというのは、

ラッキーだったのではないかと思えます。

 

山口刑務所は、盆地の中にあるため寒暖の差が激しく、

今は大阪拘置所より寒いそうです。

冷暖房のない環境に適応することができるという

人間の順応性はすごいものだと思わざるを得ません。

 

・・・・・

f:id:mikatakaki:20161228202254j:plain

夫のいない来年のお正月は一人で過ごすことになるのですが、

猫たち、爬虫類たちに囲まれ、

友人たちにも恵まれている私は幸せ者です。

 

不思議なもので、夫も私も、

こういった境遇に置かれながらも

二人とも能天気にできているのか、

自分たちを不幸だと思ったことがないのです。

 

↓来年1月29日より、「観音台健康クラブ」を毎月(第4日曜日)開催します。ヒーリング・アーツの普及活動をボランティアで行なっています。

kannondai.localinfo.jp

 

メディテーション・ライブ Vol.1  〜音と瞑想〜(主催:極楽の会)

メディテーション・ライブ Vol.1 ~音と瞑想~(主催:極楽の会)

 

f:id:mikatakaki:20161226101334j:plain

音楽を構成する要素である

拍子、リズム、メロディー、和音・・・

などを、

 

一端解体し、

ひとつずつ分解して聴くと、

 

それまで聴き取れていなかった音が

はっきり聴こえるようになります。

 

オーケストラの楽器の

それぞれの音を細かく聴き分けられる

指揮者のような耳を

誰もが養うことのできる

「クロスオーバー・リスニング」というメソッドを

ご紹介します。

 

 

課題曲(予定)

 バッハのオルガン曲

 愛の捧げもの

 アポロンの巫女 ほか

 

■日時

 2017年2月12日(日)

 13:00~15:30

 お茶と歓談 15:30~16:00(参加は任意)

 

■参加費

・一般:3000円

・ヒーリング・ネットワーク会員:2500円

 

■場所

広島県広島市佐伯区 天行院

 

■講師

高木リィ7

 

■備考

動きやすい服装とタオル、ミネラルウォーター等の飲み物をご用意ください。

 

www.kokuchpro.com

 

■お申し込み方法

上記、こくちーずのサイトか、leela@megami-net.comまで、お名前、ご住所、お電話番号を明記の上お申し込みください。折り返し、場所などの詳細をご返信いたします。Facebookのメッセージからも受け付けております。

高木美佳(高木リィラ)Facebookページ

https://www.facebook.com/profile.php?id=100006780398237