Megami Network News

女神ネットワーク・ニュース Mika Takaki's Blog. ヒーリング・アーツや、高木一行関連の情報発信ブログです。

強圧微動術 講習会 in 大阪(主宰:ヒーリング・ネットワーク 極楽の会)

以前よりお問合せのあった、「強圧微動術」の講習会を、

いよいよ今年12月10日(日)、

大阪市阿倍野区民センターで開催します!

 

強圧微動術 講習会 in 大阪(主宰:ヒーリング・ネットワーク 極楽の会)

f:id:mikatakaki:20170820110509j:plain

 人体の物理的中心と精神の中心とが合致する、「聖中心(せいちゅうしん)」の姿勢を極め、真健康を獲得した肥田式強健術創始者肥田春充(ひだはるみち)。
 その肥田春充が創始した「強圧微動術(きょうあつびどうじゅつ)」が、ヒーリング・ネットワークの一般講座で初めて取り扱われます。

 

 中心への刺激を、術理に則(のっと)って外的にサポートすることで、病人を治癒へと導く究極のヒーリング術たる「強圧微動術」。しかしその術には謎が多く、肥田春充本人が記した著作を読んでも、理解が難しいとされています。

 

 ヒーリング・ネットワークでは、肥田春充研究の第一人者として名高い高木一行先生のご指導のもと、ヒーリング・アーツ(高木一行先生が創始された、最先端の心身統合術)を基盤として強圧微動術を研究・研鑽してきました。


 本講座では、人体への働きかけの基本となる「手(強圧微動術は、すべて手を使って行ないます)」のヒーリング能力を開発するためのヒーリング・アーツ基本メソッド「ヒーリング・タッチ」の基礎実践を交えつつ、強圧微動術の型(全17)が伝授されます。

 強圧微動術では、手、足などを「しっかりつかむ」という要訣がありますが、「しっかりつかむ」ためには、自分の手と相手の身体を、能動性と受動性の2局面から意識しなければなりません。また、強圧微動術の極意である、「肘から振動を起こす」際、「起こそう」として能動的に行なったのでは、被術者の中心にヒーリング波紋を届かせることができません。それらを可能とする具体的な方法が、第2部で詳細に解説されます。

f:id:mikatakaki:20170820111641p:plain



 健康の概念を根底から書き換え、究極的ともいえる健康状態を自らの身をもって示し続けた人物が、昭和の半ばまでこの日本に生きていた。
 彼の名は、肥田春充[ひだはるみち]。彼こそ、あらゆる武道の極意、動的禅、万芸の基礎、健康術の極致として、昔から一部の人々の間でその名をとどろかせてきた肥田式強健術[ひだしききょうけんじゅつ]を創始した男なのだ。(高木一行先生の『ヒーリング・アーティスト列伝 第6章 聖なる中心の道』第1回

http://healing-network.com/hn_contents/discourse/healing_artists/chapter6/01.html

より抜粋。)

 


第1部 10:30〜12:00 強圧微動術 体験と型の解説(足、足首、下脚、膝、腰、肩、上腕、前腕、手首、手、胸、みぞおち、下腹、顎と頭、下顎と目尻、目頭とコメカミ、瞼、純自然体休養法)

お昼休憩(45分)

第2部 12:45〜14:15 手のヒーリング能力を高める ヒーリング・タッチ伝授

第3部 14:25〜16:00 ヒーリング・タッチを基礎とした強圧微動術の実践

第4部 16:00〜16:30 質疑応答と自主練修 

日時:2017年12月10日(日) 10:30〜16:30

場所:大阪市阿倍野区民センター 2階 和室
〒545-0052 大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋4丁目19−118
電話: 06-4398-9877

abeno-cc.net



参加費:一般 1万円
    ヒーリング・ネットワーク会員:8000円
    学生 5000円
※当日お支払いください。

定員:8名

講師:高木美佳

備考:
◎動きやすく身体を締め付けない服装(スカート不可)とタオル、ミネラルウォーター等の飲み物をご用意ください。
◎お昼休憩は会場の中でしていただけます。軽食(サンドイッチ、おにぎり等)と飲み物をご持参ください(近くにコンビニもあります)。
◎遅刻者へのフォローはございませんので、遅れて参加される場合は他の受講者のご迷惑にならないよう、静かにご入場ください。なお、会場には講習会開始30分前よりご入場いただけます。
◎本講座では、肥田式強健術の解説はいたしません。
 

お申し込み受付:gokuraku@healing-network.com
お名前、ご住所、ご連絡先(携帯電話等)を明記の上、上記メールアドレスまで3日前までにお申し込みください。定員に達した場合は、お申込をお断りする場合がございますので、ご了承ください。

主宰:ヒーリング・ネットワーク 極楽の会

healing-network.com


ヒーリング・アーツ創始者・高木一行先生 作品サイト
〜生命(いのち)のメッセージ〜

ryugu555.wixsite.com

<高木美佳[たかきみか]プロフィール>
 夫・高木一行のもとで長年にわたりヒーリング・アーツを実践する。2013年、胃がんと宣告されるが、夫のヒーリング(強圧微動術をはじめ、ヒーリング・アーツ各種メソッド、熱鍼法、ヒーリング・タッチ、玄米菜食等)により、手術や投薬なしで回復する。
 胃がんと診断されてから、毎日、夫より強圧微動術を受けていた。
 2017年、(有)サモア取締役に就任する。
「高木リィラ」として、藝術文化推進活動、ヒーリング音楽の創作や演奏活動にも従事。
 ウェブサイト:Leela Music

www.leelamusic.net

筋骨矯正術研究会 ご報告

 2017年7月29日(日)の<筋骨矯正術研究会>には、遠方よりご参加いただくなどして、いつもよりも賑やかな学びとなりました。
 こうした術は、実際に実践することでどんどん熟達しますし、自分自身にも施術しがてら練修できるので、健康増進とスキルアップとが同時にできます。


 私自身は最近、自分の身体のあちこちに施術して、顔や体の輪郭が整ってくることを発見しました。健康になるだけでなく、美容にもよいことがわかり、伝承者の方が「スリムになる」とおっしゃりながらお腹に施術されていたのが思い起こされました。

 

f:id:mikatakaki:20170731214605j:plain

 

筋骨矯正術の威力! 脚のむくみ、足の冷え解消に絶大な効果あり!

 明日はいよいよ、<筋骨矯正術研究会>が開催されます!

healing-network.com

 

 筋骨矯正術の基本は、手(指)を使うことにありますが、その手を具体的にはどのように使うかが、ちまたにあふれているいわゆる指圧と、筋骨矯正術との決定的な違いになっています。
 伝承者のAさんの施術を私たち自身が実際に受けたことと、原理・原則をみずから観(み)出だした夫・高木一行による指導により、私たちはものすごい宝を手にしているのだという実感がますますわき起こっています。

 先日の巡礼より帰宅してから、毎日、私自身の脚(特に下脚)に筋骨矯正術による指圧を試みていますが、絶大な効果があることに本当に驚いています。


 私は冷え性で、夏でも足が冷えて、先日の巡礼においても、「足が氷のように冷たい」と井上浩さんのお母様から指摘されたのですが、冷え性に加えてむくみやすい体質です。特に夏は、膝下から足首にかけて、パンパンにむくんで通常の1.2倍くらいの太さになることもあります。
 むくみがひどいと、夕方頃には脚がだるくて立っていられないほどです。

 そのため、特にむくんで腫れている足首周辺に、筋骨矯正術による指圧を一日数回、行なったところ、一日だけでむくみがほとんどなくなり、脚のだるさも取れ、むしろ足首まわりが細くなってきて、その驚異的なヒーリング作用に感・動しているところです。夕方に立っていてもむくみやだるさがなく、足の冷えもとれて、本当にありがたいかぎりです。

 

f:id:mikatakaki:20170728130733j:plain

↑ 筋骨矯正術伝承者Aさんより、脚に施術を受ける。

レット・オフとは・・・? ヒーリング・アーツ創始者・高木一行の言葉より。

 レット・オフとは・・・?

 オフ(やめる)が何でそんなに大事なの?

f:id:mikatakaki:20170627212926j:plain

↑ 猫はオフ(休息)の達人(龍宮館のスピカ)。

 

 ヒーリング・アーツ創始者

 夫・高木一行のヒーリング・ディスコースから、

 レット・オフに関してさまざまな観点から解説されている部分を抜き出し、

 理会を深めていただきたいと思います。

 

・・・・・

 

 緩み開くことを「する」ことはできない。レット・オフとは「オフが拡がっていくがままに任せ、委ねる」ということだ。ただ任せて、待つ。自分からはもう何もしない。何も求めない。緩むことも、開くことも、単なる結果だ。それは自然に湧き出てきて、身体いっぱいに拡がっていく。これがレット・オフであり、老子のいわゆる無為の為であり、無為自然(為すこと無くして自ずから然らしむ)だ。

 世阿弥は「するわざ」に対する「せぬひま」を強調し、「花鏡」において「あらゆる品々(注:舞、言葉、謡いなど)のひまひまに、心を捨てずして用心を持つ内心なり。この内心の感、外に匂いて面白きなり」と述べている。世阿弥がヒーリング・アーツのマスター(達人)であったことが、この短い一文からも窺える。彼の言う「内心」とは、自らの存在感が身体内にピタリと収まる、レット・オフのより高度な境地を指している。それは皮膚を境にして、体の表と裏がぐるりと一気に引っ繰り返ったような特殊な感覚だ。これが起こる時には意識状態も一瞬にして変容し、心身一如のトータル(全体的)で冴え渡った意識が覚醒する。演じ手のこうした超越的意識は、観る者の心の奥底に働きかける特殊な力を発揮するものだ。

 オフの瞬間、初心者は凝集の意図が起こる根源の地点から「退いて(=心を捨てて)」しまいがちだ。「心を捨てずして心を用いる」ためには、オフの際に外形を一瞬保つようにすればいい。同時に、受動性そのものになり切るのだ。独力でこれを体験・修得することは難しいかもしれないが、いったんコツがつかめれば意識の内向は自然に起こる。その際の精妙なる粒子感覚は、まさに幽(かすか、ほのか)にして玄(しずか、ふかい)だ。

 

(ヒーリング・ディスコース たまふり 第4回 無為の為 より抜粋)

http://healing-network.com/hn_contents/discourse/tamafuri/04.html

 

 老子の「無為の為」や、世阿弥の「せぬひま」「内心」など、

 ある悟りの境地に到達した人にしかわからない特殊な意識状態、

 特殊な身体の状態を

 誰にでも可能とするのが、

 ヒーリング・アーツの一大特色となっております。

 

 この「オフ感覚」をテーマに、

 神奈川で<女神会>が月一回、開催されています。

 女性の方ならどなたでもご参加いただけます。

healing-network.com

夫・高木一行の実家にて。

 先日、夫の実家へ足を運んできました。

 90歳を過ぎた義母は、認知症で入退院を繰り返していますが、私の顔や名前を覚えていて、しっかり話もできました。

 少し前に、脳梗塞の手術を受けた義父は、大きな障害も残らず、左腕が時々しびれる程度で、外見上は元気そうでした。

 

「一行が戻るまでは、元気でいないとならん」と、がんばってくれているようです。

 二人とも、思っていたよりも元気そうで安心しましたが、夫の身を案じ、一日も早く戻れるよう祈っている様子でした。

 

f:id:mikatakaki:20170607175215j:plain

天行院(道場)に植えてあるアジサイアナベル」が咲き始めました!

純国産の整体術、「筋骨矯正術」研究会 ~極楽の会~(2017.07.29 in 広島)

2017年7月29日(土)、

「筋骨矯正術(きんこつきょうせいじゅつ)」をテーマとした研究会を開催します!

f:id:mikatakaki:20170519215411j:plain

 

純国産の整体術、「筋骨矯正術」研究会 ~極楽の会~

 

 高木一行先生のヒーリング・ディスコース『ヒーリング・アーティスト列伝 第1章 通身是手眼 井上仲子(筋骨矯正術)~』で話題騒然となった幻のヒーリング術、井上仲子が創始した「筋骨矯正術」に焦点をあてた研究会!

 

 頭山満玄洋社総帥、民間国家主義運動の草分け的存在)、富岡鉄斎文人画家、儒学者)を始め、奥村五百子(愛国婦人会創立者)、細川潤次郎(枢密顧問官、男爵)、鈴木喜三郎(法学博士)、北垣國道(貴族院議員、男爵)、阿武素行(陸軍少将)、木下廣次(京都帝国大学総長)、関屋敏子声楽家、世界的プリマドンナ)など、当時の錚々たる人物たちが、仲子の手により病苦から救済され、その入神の妙術と至誠の人格とを褒め称えている。

 丹田修養法の大家・肥田春充(ひだはるみち)も、自らの著作中で井上仲子について触れ、「諸病の原因を脊梁骨の歪みに帰し、それを治すのに腹を揉む。敬服すべき着眼である」と、高く評価している。  その肥田春充が、「到達高所からいうと、達磨以降の第一人者なりと信ずる」(『宇宙倫理の書・第5巻』)と激賞した橋本峨山禅師(京都嵯峨天龍寺管長)もまた、仲子によって病から救われた1人だ。(高木先生ヒーリング・ディスコースより抜粋)

 

 

通身是手眼 ~井上仲子(筋骨矯正術)~ | ヒーリング・アーティスト列伝 第1章 ::: Healing Network :::

 

 ・・・・・

 

 本研究会が開かれる約2週間前、極楽の会を主催する高木美佳を始め、ヒーリング・ネットワーク・メンバーの有志が、筋骨矯正術伝承者の方から、直伝を受けることに!

 

 その精華を分かち合うべく、今回の研究会が特別開催されることとなりました!

 

 実践を繰り返すことで、参加者の皆さんに筋骨矯正術の一端を体験していただきます。

 

■開催日時
2017年7月29日(土)

第1部 13:00~14:30

第2部 14:40~16:10

お茶と歓談 16:20~17:00(参加は任意)

 

■備考

動きやすく体を締め付けない服装(スカート不可)とタオル、ミネラルウォーター等の飲み物をご用意ください。

 

■参加費

一般:4000円

ヒーリング・ネットワーク会員:3500円

※当日お支払いください。

 

■講師

高木美佳

 

<高木美佳プロフィール>

 夫・高木一行のもとで長年にわたりヒーリング・アーツの修養を積む。

 本当に効くヒーリング法の分かち合いを旨として、ヒーリング・アーツの普及に務めている。

 

■主催 ヒーリング・ネットワーク 極楽の会

healing-network.com

窃盗の容疑をかけられる! 〜高木一行近況報告〜

一昨日(2017年4月24日)、

面会室に入るなり、夫が、

「明日の面会は、来ても会えないと言われるかもしれない」

と言い出しました。

 

「今、窯業の訓練生の間でひどいことが起こっている。

陶芸用の道具がひとつなくなったんだ。

それも、壊れかけた鉄くずみたいなもので、

こんなもの誰も盗むはずがない、という程度のものだ。

その道具を私が一番使っていたので、

私に盗みの容疑がかかっている。

他にも使っていた人がいたので、

何人かの人たちが、同じように連行されていた。

 

私の居室をすべてひっくり返して調べられられたが、

盗んだはずものはどこからも出てこなかった。

こんな容疑をかけられるいわれはまったくない。

これまで真面目に訓練を続けてきたし、

介護福祉の資格試験では優秀な成績で合格したことを、

以前の教官達がよく知っている。

 

その教官達がやってきて、

私の顔を見て笑っていた。

つまり、

こんな真面目な人が盗みをするはずがないのに、と

わかっているという含み笑いだ。

 

しかし、今回の件で処罰を受けるかどうかの審査は、

以前お世話になった教官達とは別の人たちが行なうから、

どうなるかはまったくわからない。

 

処罰が決まったら、仮釈放もなくなるかもしれないし、

手紙も、差し入れも、しばらくの間は

何も受け取ることができなくなる。

だからこちらから連絡するまで、

一切、手紙も送らず、面会にも来ないように。」

 

刑務所の中は、何が起こるかわからないということを、

今まで順調にいっていただけに、痛感しました。

 

夫が盗みを働くような人ではないことは明らかですが、

理不尽な状況で処罰を受ける可能性もあり、

今は、窯業の訓練を禁止され、

居室で折り鶴を折っているそうです。

折り鶴も必要なところで使われるのでしょうが、

せっかく陶芸の腕を上げていた時期だっただけに、

刑務所の不利益にもなりかねない対応には、

頭が固いと思わざるを得ません。

 

 窃盗の容疑で連行されるまで、

夫は、一輪挿しを創っている途中だったそうです。

 繊細な作業をしている中、

突然連行されたため、

いくつかできあがる直前だった一輪挿しが、

ダメになった可能性もあるとか。

一輪挿しは非常に難しく、

なかなか上手く創れないそうですが、

なぜか夫は一輪挿しが得意だそうです。

 

窯業の訓練生の奇妙な習慣がありました。

ひとつは、食事を3分で無理矢理強制終了すること。

もうひとつは、いろんな人が入れ替わり立ち替わり、

新人の訓練生に指導しようとすること。

その習慣を、「嫌だな」と思っていた夫の願いが叶い、

食事はゆったりできるようになり、

訓練生への指導もなくなったそうです。

 

自分なりのやり方で創り始めたことで、

夫の陶芸の腕がどんどん上がり、

同期の訓練生の人にも教えたところ、

その人も腕を上げて、

周囲の人達に驚かれ、

「今年の訓練生2名は腕がいい」と評判になっているそうです。

 

刑務所内で、訓練生の陶芸作品が販売されていたので、

カフェオレ・ボウルを2つ購入してきました。

「価格が非常に安いですね」と担当の人に言ったところ、

「材料費くらいで、ほとんど人件費がかかっていない」と

おっしゃっていました。

これがいいことなのか、悪いことなのかはわかりません。

 

 ・・・・・

 

今回の面会では、これまで明るかった夫の心に、

少し影が差したような印象を受け、

初日の面会が終った後、

ザビエル記念聖堂前の公園を散策していた時、

胸がつまって涙を抑えることができませんでした。

 

それでも、2日目の最後には明るく手を振って別れることができたので、

救われる思いでした。

 

f:id:mikatakaki:20170425201743j:plain

↑ザビエル記念聖堂の聖母マリア像。